KenCube

ラインの接続方法

 

このページでは、 杉坂研治が勧めるフライラインの接続方法、ループの制作方法を紹介します。


フライラインには、 ブレイテッド・コアのラインとモノフィラ・コアのラインがあります。

接続する シューティングライン(ランニングライン)にも

モノフィラ、ブレイテッドコアがあり

これらのラインを接続するにはいろいろな方法がありますので、 杉坂研治が行っている方法を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ブレイテッド・コアのフライライン と モノ・コアのランニングラインの接続

  両方が ブレイテッド・コアライン の接続

  両方がモノ・コアの接続

 

リーダー + フライライン + シューティングライン + バッキングライン

ラインはこのような順番で接続されます。

それぞれの接続方法は 左のバーをクリックしてしてください

 

ラインの前後を間違えないように接続してください。


シューティングスペイライン、パワーヘッドはこのようなライン形状です! 
スローなテーパーがフロント 急に細くなる方がリアーです。
ラインを出し、触れば解りますので、接続前に、間違えないように確認ください。

 


SPDラインはこのようなライン形状です! スローなテーパーがフロント 急に細くなる方がリアーです。
ラインを出し、触れば解りますので、接続前に、間違えないように確認ください。


杉坂研治お勧めの方法

シューティングスペイラインS シングルハンド用のラインは

全てこの方法で行ってください! #2〜#8でのつなぎ方

フローティングライン と EXシューティングライン フローティングの接続

 

 

ループトゥループでの接続  

EXシューティングラインにループを作る 最新!最強!最小! 

EXシューティングラインのループ制作方法

 

 

ラインのループ製作   

 

いろいろな接続方法があります。

ベストなものをご使用ください。

フローティングライン と EXシューティングライン フローティングの接続

・スプライス&ネイルノット

・ループトゥループ用ラインのループ制作

ラインにループを作る方法 ソフトPVC溶着


切れたラインを修復する  ラインを繋ぐ 

 コアの縫いつけ接続

モノコアフライラインとランニング接続
モノコアフライラインとリーダー接続

 

ループトゥループの接続 注意点

正しい接続

正しい接続 このような形になるようにしてください。 締め込んでも、ラインの熱溶着部分に負荷は掛かりません。

ループトゥループは、必ずこのような形になるようにしてください。

 

悪い接続

悪い接続 キャスト中にズレ、片側に負荷が加わります。

ラインの熱溶着は、強度はなくPVC樹脂が溶けてコーティングがしてあるだけですので、負荷が加われば簡単に剥がれてしまいます。

正しい接続が行われていないと、ラインの熱溶着ループに負荷が加わり、簡単にループが剥がれてしまいます。

剥がれてしまった場合は、スレッドで縛り固定するか、PVCチューブを被せて熱溶着を行ってください。


 

シューティングスペイラインをカットし

#6用のライン、XD用、シングル用のラインを製作した時

太いエンドにループを付ける最良の方法です!

ブレイテッドループ接続


バッキングライン(モノフィラ600m巻き)

EXシューティング・ライン ファストシンクの接続

 


 

ランニングラインに ループを作る方法

その1 ソフトPVC溶着 (この方法が最良!お勧めです)

 

その2 スレッド止め ループ製作法 (ヒートガンをお持ちでない方は、この方法で)