kencube


2017年 ハワイのボーンフィッシュ

 ハワイの至る所にボーンフィッシュは生息し

観光名所のワイキキから直ぐ近くでもボーンフィッシュが釣れるポイントが多くあるのがハワイです。

今回も、自分で魚をみつけて、思い通りの釣りをしたいために、ガイドは一切使わなく、自分たちだけでポイントを選び

自由に釣りに行って来ました。

オアフ島での ボーンフィッシュの釣りは、

重要なのが天気!

11月から3月までは雲が多いのでサイトフィッシングが行いにくいので

なるべく天気の良い時期を選ぶことが重要です。

ボーンフィッシュは1年中生息しており、11月から3月の方が小型で数がいる群れに出会うチャンスは大きいと聞きました。

家族旅行で、晴れた日に 1〜2日 チャレンジしてみる事も可能な

釣りに行きやすい環境にあります。

「アラモアナ」ショッピングセンターの前にあるパークのフラットでもボーンフィッシュは釣れ、前回行ったときは、早朝無数のテーリングに出会いました。

ボーンの釣りで重要なのは、ラインの浮力

ラインを出してフラットを歩いていると、ラインが足に絡んで、突然魚が現れた時に絡んでキャストが出来ない!

そんなことが多いのですが、

KenCubeで開発しているラインは、大丈夫! 浮力を維持できるよう開発されております。

そして、重要なのが、フォルスキャストで魚を正確に狙うので

プレゼンテーションが静で、正確なコントロールが出来るラインが必要です。

それが KenCube ソルトライン #8 です。

ハワイは風が強いので、#8は必要になります。

Rodは、水の中に立ち込んで、しかも ヒザ前後の深さまで入って

キャスティングをしなければならないので、Rodはバックキャストで水面にFlyが触りにくいよう眺めのRodは必要になります。

K・Bullet Sniper #8 は 10ft

キャスティング性能は高く、プレゼンテーションも静かに正確にコントロール出来るRodです。

10ftの長さを感じさせない軽さを持たせてありますので

9ftのロッドを振っている感覚で、ひざ上まで立ち込んでの釣りが行いやすいです。

2017年 7月10日 名古屋発でホノルルへ向かいました。

10日朝8時過ぎにホノルル空港へ到着。

レンタカーを借りて、直ぐにホテルへ向かい、時間的に部屋には入れなく、着替えて釣り具以外の荷物を預け、急いで釣りに!

向かったのはハワイカイ

レンタカーを借りないのでしたら、

ワイキキから バスの22番で20分くらいで釣り場へ到着

帰りは、釣り場の横のバス停から58番のバスに乗ってワイキキへ戻れます。

 

天気は良く、フラットを歩き始めて直ぐにボーンを発見!

5〜6匹目を見たときに、ベストな方向から泳いで来るボーンを発見

正確にFlyをキャストして、リトリーブ&ストップでFlyを動かし誘う!

すると、思い通りにヒット!

ハワイのボーンフィッシュは、別格に走ります!

ヒットしてから一瞬にフライラインは全て引き出され、PEのバッキングが5色
50m引き出されてようやく止まるほど。

CUBA、ベネゼエラ、Maldives、ニューカレドニア、Florida・・・

世界各地のボーンフィッシュを釣ってきましたが、ここ ハワイのボーンは別格です!!

ハワイ到着から、4時間後にはファーストFishを手にすることが出来ました!!

2日目は、違うポイントへ入ってみた。

50cmを越える大型のハコフグなど

いくつもの魚が回遊する姿が見え

Flyをキャストしてみたら、直ぐに釣れた!

ボーンよりもブルーに見え、少し動きに早い魚がいたら

それは、トレバリーです。

20前後の小型から、60cmくらいまでのカスミアジ

80cm近いGT

50cm〜60cmくらいのゴールデントレバリーなどが釣れる!!

 

コレがまた、強烈に走るんです!

しかし、トレバリーは体力がないのか、1〜2回走ったら諦めてくれるので

簡単!

ボーンは、この数倍は走るので要注意です!

 ブルーフィンは美しい!!

 いろいろな魚が釣れるので、なかなか楽しいです!

 

 しかも今回も、ガイド無し!

 自分で魚をみつけ、思い通りにキャストして、釣る!!

 釣らせてもらうのではなく、釣る 釣りだから楽しい!!

この日は連発!


特大のハコフグ、
ゴールデントレバリー
ブルーフィントレバリー
特大ボーンフィッシュ2本
ヒットさせました!

 

特に このボーンは大きかった!

全長78cm

100mを越えるバッキングが出て行ってしまい

獲れないかも? って思いましたが、必死に戦い無事にキャッチ!

世界各地のボーンフィッシュを狙い歩いてきましたが

なかなかここまでの大物に出会うことは難しく

ハワイのボーンは最高です!

バッキングラインを100m以上出されることは珍しく無く

この日も、この魚は2匹目で

1匹目の魚は、150m以上走られ、必死になって止めてみたが止まることなくラインが出て行き、フラットのチャンネルにいくつも入られてしまい、フロロ4号のティペットを切られてしまった。

 

その後のヒットでしたので、また切られてしまうかとドキドキでした!!

 

この日になり気がついたのは、フライパターン!

今年、いくつかの新しいフライパターンを発案してきました。

その中の1つのフライのみで、トレバリーからボーンまで連発しているのです。

キャストして、フライを動かすと、ダッシュで逃げていくフライもいくつもありましたが、この1パターンのみ、必ず魚が寄ってくるパターンが見つかりました。

釣りから帰ったら時間が無い!

その日に使用した服を洗濯して、乾燥させ、翌日着られるようにする。

夜は、毎日自炊して、フライタイイング!

10時には就寝 朝5時起床 昼食の弁当(サンドイッチorスパムおにぎり)作り、 朝食をすませて、釣りの準備。

7時ホテルを出発!

次は、初日、飛行機で到着した後に入ったハワイカイ周辺

朝から、Newフライをキャストするといきなりヒット!

サイズ的には少し小ぶりで、50cm台

ここで、このフライの凄さに、またまた感激!!

ハワイのボーンフィッシュは、そう簡単には釣れません。

しかし、このフライの効果には驚きました。

 

そしてまたまたヒット!

今回は60cm台のベストサイズで100m近く走られ、無事にキャッチ!

 

 

偏光グラスも今までいくつものメーカー いくつものカラーを購入してきました、今回使用している物は、驚くほど見えるのです。

40m先時には50m先のボーンが見えるから驚き!!

 

私は偏光グラスにはこだわり、多くのお金と時間を費やしてきました。

眼鏡屋さんで製作したHOYA 東海工学 オークリー マウイジム 

サイトマスター タレックス ・・・

 

 

偏光グラスは、フライフィッシングには必須!

その効果一つで、釣りが大きく左右されてしまうものです。

今回使用したのは、 タレックスの「アーシーブラウン」

 アクションコパー エアリーパープル ラスターオレンジ イーズグリーン のカラーのグラスも持っていて、数年前から現地で掛け比べをして徹底的に研究してきました。

ラスターブラウンに ラスターオレンジを重ねて使用する実験もしてきました。

ハワイのボーンの釣りは、クリスマス島のように白い珊瑚砂の場所のみならず、ダークブラウンや、ダークグレーなどの暗いトーンのカラーの底色をしているポイントが多く、その中を回遊するボーンをはるか沖で発見しなければならないので難しいのです。

ボーンフィッシュの動きはわりと早い物が多いのです。

15mや20m先ならば誰でも魚を見つける事が出来るものですが、その距離でキャスト(釣りを)しなければならないので、魚を発見するにはその先であることが求められるのです。

ですので、偏光グラスの効果は釣りに大きく影響を与えるのです。

だから必死になって良い物を探そうと研究してきたのです。

結果は、

良く晴れた日には  タレックスの「アーシーブラウン」

曇り空 空の色がブルーではなく白く見えるとき。

日本の 本州の空を見ると、スカッと透き通った青い空の日はなかなか少なく、白っぽい青空に見える事が多いですが、そんな日は、 タレックスの「ラスターブラウン」

 

 

海外の海では、「アーシーブラウン」

渓流、湖での釣りには 「ラスターブラウン」

夕方の釣りには 明るく見える  「イーズグリーン」

 

これらの3カラーのグラスがあれば完璧です!

この日は、雲が多く 潮の関係で釣りが出来たのは約5時間

2本の ボーンフィッシュをキャッチして、早々に、ホノルルのドンキホーテへ酒のつまみに最高な「ポキ」を買いに行きました。

 

ハワイカイは、曇りでしたが

ワイキキは青空!

 

オアフ島は、風向きにより天気が左右する。

美しい景色を見ながら、のんびりとバルコニーで休憩!

 

そして 爆釣フライのタイイングです。

朝5時起床

しばらくすると夜明けになる。

 

今日も雲が多い!

 

さあどちらの方向へ雲が流れるか?

急いでポイントに向かったら、ドンピシャリで風下に来てしまった!

雨がやってくる!

 

最悪の状態からのスタートだった!

雨が通り過ぎ、短い晴れ間の中で ボーンを発見!

すぐさま 必釣フライをキャストすると、ヒット!!

 

フラットを延々と走られ、バッキングを100m以上出されて、魚はようやく止まった!

 

写真のように、左がフラットで 右はチャンネルで急深となっている!

浅瀬のフラットでヒットさせたのですが、延々と走られて

このような深みに入られてしまったのです。

 

バッキングが20m出たところで、水中の珊瑚にバッキングラインが絡み、止まっていた。

時々、グイグイと引っぱる感触があったので、魚が付いていることは感じたが

しばらくすると動かなくなってしまった!

この状態で、バッキングを強く引けば、バッキングラインとフライラインのつなぎ目が珊瑚に引っかかって、バッキングが切れる!

そうなれば、代わりのフライラインは無いので、今日の釣りどころか明日からの釣りが出来ない。

FlyShop NervousWater へ行けば フライラインはあるが、KenCubeのラインとは違い、浮力やHEADの長さ形状がちがうので、静かに正確にプレゼンテーションが出来るか?なのです。

どうしよう! 陸までは200m以上もある。

・・・・・・・・ しばらく悩んだ。

思いついたのは、50mくらい岸に戻ったところで珊瑚の穴を発見!

そこに、Rodエンドとリールを入れて引っかけて、ラインを張り

ロッドを立てたままで、1km先で釣りをしている横井さんを呼びに行くことにした!!

この距離は、遠かった!

心配だったのは、波でロッドが倒れ、魚がバッキングを引いて、ロッドごと持って行かれてはいないか?

大丈夫かな? ロッドやリールまでなくなったら、今回の旅は終わったようなもの。

心配しながら、横井さんに説明して、延々と歩いた。

戻ってきたときに、なかなかロッドが見つからなく心配したが、近くまで来たらラインが張り立っていたので一安心!

 

 

 

 

 

 

 

それから、横井さんに、ロッドを持って頂き

バッグと K.Bullet 2WAY チェストパック を持ってもらって

海パン1枚で チャンネルに潜って ラインがどうなっているのか見てみた!

すると、バッキングラインが絡んでいた珊瑚はとても深く、4m近く潜ってみたが、届かなくて断念!

今度は沖に泳いで、バッキングラインを持って、沖から引っ張ってみた!!

すると ボリボリ というような感触がありラインが外れたのです!

余ったラインが足に絡んで溺れてしまうと行けないので、大急ぎで横井さんにラインを巻き取ってもらい、ひとまず岸へ!

次にラインが掛かっている場所を探して、また外していくと、

次は、バッキングがどう引っ張っても外れなくなってしまった!

そこで、ラインが走っていそうな方向を探してみると、何と!

フライラインが見えたのです!!

早速にフライラインを回収し、さらに引っ張っていくと、バッキングラインとのつなぎ目も回収

そこで、バッキングとフライラインはループトゥループで接続していたので、それを外して、リールを巻くと、バッキングラインの引っかかっていた部分はスルーして回収に成功!

ラインの先端にボーンフィッシュはいなく、ラインブレイクしておりましたが、釣りが続けられる事に感激した!!

 

 

 

その後、ひときわグリーに見える魚を発見!

すぐさまキャストすると、ブルーフィントレバリーがヒット!

そして、またまたボーンフィッシュをヒットさせ

今度はキャッチ!

 

 

夕方になり 私の好きなポイントの

「クリスマス・フラット」 またの名を「ラストチャンス・フラット」

に向かった!

以前にもここで、夕方最後に巨大なボーンフィッシュをキャッチしたことがある私の好きなポイントです。

クリスマス島を思わせるような白く明るい珊瑚砂のフラットです。

ここでは遠くから向かってくるボーンフィッシュの姿がとても見やすく

ワクワクドキドキできる最高なポイント!

そして今回も、素晴らしいチャンスがやって来ました!

 K・Bullet SNIPER#8

 このロッドは、キャスティング能力が高く、

 強風の中 深く立ち込んだ状態の中でも

 正確なプレゼンテーションが出来る優れの物!

 今回も、厳しい条件の中 本当に良く助けてくれました。

 

 自分の大好きなラストチャンスフラットで今回も良い思い出を作りこの日は終了!

翌日は、トレバリーからのスタートだった!

一人で遠くに離れて釣りをしていて、ボーンフィッシュをヒット!

なかなか素晴らしいファイトをした!

  K・Bullet SNIPER#8

  KenCube ソルトライン #8 

  このタックルはベストマッチングです!

夕方 ラストチャンスフラットで友大郎がヒット!

 

 

そして、最終に渓亮もヒット!

ワイキキの夜、金曜の夜は花火が上がる!

この花火のおかげで、一般駐車場は満車、

仕方なくホテルのパーキングに止めることになったが、

12時間で何と!40ドル!!

花火が無かったら、11ドルですんだのに・・・ 

岡崎の花火大会の会場横で生まれ育ち、毎年岡崎の花火を見続けてきた私には、一瞬にして終わってしまったように感じた。

 

翌日は、前日一人でフラットを歩いているとき、80cm以上もある巨大なトレバリーが、フラットの深みに入って来て、ヒレを水面から出して、小魚を追うのを目にした!

それを狙って、この日は、トレバリー狙い!

なんだか解らない魚がヒット!

エッジの奥から入って来て、フラットで小魚を襲う!

ヒットしたのはブルーフィン

1匹目は 小ぶりだった!

2匹目は かなり走った!

このエッジ沿いにトレバリーは回遊してくる

 

今度はメッキクラス

 

この日の潮は高く トレバリーがフラットに入っていて

歩いていて1度80cmクラスと遭遇したが、

エッジ沿いには回遊していなかった。

そして最後は ラストチャンスフラット

白く綺麗なクリスマスフラットへ行った!

そこで友大郎がヒット! 

150m以上走られて、フラットからエッジに入られて、ラインブレイク!

巨大なボーンフィッシュがヒットしたようだ!

夕方は、雲が太陽に次々と向かってきて、晴れ間が全くなくなってしまったので、終了!

2017年 のハワイ釣行は終了した!

 今回最大のボーンフィッシュ

 強烈な走りをした!

 

 ハワイのボーンフィッシュは強烈です!

 面白いです!!

 

 そして今年は 数多くのボーンを釣り
 
 凄いフライが完成しました!!

 

 2003年からハワイに通って今年で15年

 いろいろなポイントや
 フライなど多くのことが解ってきました。

ワイキキのホテルから 歩いて直ぐ近くでもボーンフィッシュに釣りが出来ます!

家族旅行や会社の旅行などで、ハワイへ行ったとき

朝5時からホテルを出て、7時までの2時間だけでも釣りが楽しめるポイントもあります!

早朝のボーンフィッシュのテイリングは凄いですよ!!

1日空いているならば、ガイドさんにお願いし、ボーンフィッシュを釣りに行くことも出来ます!

 

K・Bullet Sniper#8のユーザー皆様へ

ハワイのボーンフィッシュに興味がある方で、

・SNIPER#8 を使用してくださっている方

・これから SNIPER#8 を購入しハワイへ行こうと思っている方

(ロッドはSniper#8のユーザー様のみのサービスとさせて頂きますので、ご了承ください!)

ハワイでの釣りのお手伝いをさせて頂きます。

ガイドの予約、今回爆釣したフライ、リーダーシステム、フィッシングレクチャー、

私たちが通って発見したポイント、バスでの行き方、レンタカーでの行き方、ポイントの地図など

ユーザー様へのサービスで、全て無料で行わせていただきます。

ハワイへボーンフィッシュを釣りに行く方

ユーザー連絡先

もうすでに多くの方の、ハワイのガイドの予約などさせて頂いております。

全て無料ですので、気軽に相談ください。

Sniperユーザー様のみですのでよろしくお願いします。