kencube


 

2018年 1月1日

 

新年初釣りへ、1日の午後2時から1時間半でしたがライズ狙いの釣りをしてきました。

北風ビュンビュン!!

水面は大荒れ、全くライズがない状況でしたが、待つ事1時間、太陽が傾き、日陰になった場所でライズ発見!

バックスペースが無く、シューティングスペイで、20m以上キャストしてライズにチャレンジ!

スペシャルフロータント  「フロートアップ」仮名(2月頃の発売予定) このスペシャルフロータントを塗ったらラインが浮き浮きになり

シューティングスペイでの飛距離が恐ろしく伸びて、対岸方向へ20m近くバックスペースのない場所でキャストが出来た!!

何投目かでようやくライズに届き、そのコツ(風とのタイミング)をつかんでキャストを繰り返すと、「ビシャッ!」フライが水しぶきに包まれた!

慌てずスムーズにフッキング!

ティペットは0.175号の極細 フライは# 26 アダルトミッジ

フッキング直後、一気にラインが引き出され、足下に余ったラインは全て走って行った。

リールのドラグをフリーにして、テンションを掛けないようにして走らせ、魚が疲れたところで引き寄せる!その繰り返しをして、

ネットに収まったのは、30cm近い銀毛のブラウンでした!

その後、同様にライズのある場所を狙ってロングキャストしてヒット!

 

30cm台のレインボーともう1匹ブラウンを追加

このブラウンを釣った後

さらに日が傾くと、気温が低下したのかライズが全くなくなってしまった。

たった、30分くらいでしたが、ほんの一時のライズタイムを逃すことなくワクワクドキドキした釣りを楽しめました。

シラメ用の極細タックルで、ブラウンヤレンボートの対戦は一瞬切られてしまうかという緊張感もあり面白かった!

今年も1日から、楽しいフライフィッシングができました!!