kencube


ICE-FLASH Tying

スレッド ベネッキ オリーブ

 フック TPS55 #8 #6 #10 

 テール マラブー 各色

 ボディー アイスダブ 各色

 ミディアムUVポーラーシェニール オリーブ〔各色)

 ハックル  パートリッジ

 

フックはTP-S55を使用

このフックは、根掛かりしても、フックポイントに岩などが掛かった場合は、フックが伸びて、フライが回収できるよう設計されております。

伸びたフックは、フォーセップなどで、基の形状に戻して使用してください。

2〜3回は折れずに使用できます。

魚がヒットした場合は、普通のやりとりをしておれば、伸びることはなく

80cm台のイトウでも70cm台のレインボーやアメマスでも、問題なく釣り上げることが出来ます。

マラブーを取り付けます

この方法は私が考案したマラブーをフックに絡みにくくする方法で

逆にマラブーを取り付け

マラブーに切り残しを作り

折り返して、スレッドで止めて

切り残しの上の部分にテールを束ねて止める

切り残しのマラブーが下側にあるので

テールがフックに絡みにくくなります。

クリアラバーグルーを、少々切り残しとテールの付け根に染みこませておく方法もベストです。この場合は多く塗らずにほんの少しのみ塗ります。

スレッドを指に回してシャンクにスレッドをかけて

輪を作ります。

スレッドは輪の付け根に巻き付け

シャンクから3本の糸が出ている状態にします

この写真はわかりやすいようボビンのスレッドが少し離れていますが

これから巻き付けて

輪の付け根に移動させます。

アイスダブ 

オリーブカラー 

を指でつまんで引きちぎり

重ねて、また同じように引きちぎり(アイスダブは簡単に切れます)

重ねて、繊維を短くして同じ方向にさせます。

それを、スレッドで作った輪の中に挟みます

ボビンのスレッドも一緒に重ねて持ちます

指でつまんで少しねじって

アイスダブの固まりを上下に広げます

指でねじってください。

ボディーに巻き付けます

アイスダブ 

エメラルドグリーン カラー を同じように付けます

スレッドで止め

ミディアムUVポーラーシェニール オリーブ

を、ハックルのように2回転

スレッドで止めます

ダビングブラシ ニードルなどで、ダビング材を掻き出します。

広がりすぎたアイスダブをカット

完成

 

上から見た写真

 

このフライは、水中でかなり光り輝き目立ちます!

使用方法は、ファーストリトリーブです。

ロッドを持つ手を 胸からお腹の部分の前方に置いて(肘を曲げてロッドを持つ)

ラインを持つ手を、後方45度へ目一杯引っ張ります。

5秒間で5回

リトリーブした手は、後方でしっかりと止めを入れて、鱒がフライを喰うタイミングを入れてください。

派手なフライは早く引く!

小型で目立ちにくいフライは、ゆっくりと引く!

これが私のセオリーです。