kencube


UVフラッシュ

スレッド ベネッキ オリーブ

 フック TPS55 #8 #6 #10 

 テール マラブー 各色

 ボディー 

 ミディアムUVポーラーシェニール オリーブ〔各色)

 ハックル  パートリッジ

 

フックはTP-S55を使用

このフックは、根掛かりしても、フックポイントに岩などが掛かった場合は、フックが伸びて、フライが回収できるよう設計されております。

伸びたフックは、フォーセップなどで、基の形状に戻して使用してください。

2〜3回は折れずに使用できます。

魚がヒットした場合は、普通のやりとりをしておれば、伸びることはなく

80cm台のイトウでも70cm台のレインボーやアメマスでも、問題なく釣り上げることが出来ます。

マラブーを取り付けます

この方法は私が考案したマラブーをフックに絡みにくくする方法で

逆にマラブーを取り付け

マラブーに切り残しを作り

折り返して、スレッドで止めて

切り残しの上の部分にテールを束ねて止める

切り残しのマラブーが下側にあるので

テールがフックに絡みにくくなります。

クリアラバーグルーを、少々切り残しとテールの付け根に染みこませておく方法もベストです。この場合は多く塗らずにほんの少しのみ塗ります。

ミディアムUVポーラーシェニール オリーブ

をスレッドで止め 巻き付けます

その場合にUVポーラーのフラッシャブーを指でつまんで

外方向に引っ張って、巻き込まないように

ハックルのようにフラッシャブーが立つようにして巻きます

この場合は、バイスのジョーを回転させ巻くとベストです

 

スレッドで止めてカット

フラッシャブーを指でつまんで こすって 少し縮れさせます

光りを各方向へ乱反射させるためです。

グレイのブラックの点がハッキリしているハックルを選びます

パートリッジに

ダブリングというウエットで使用するテクニックを使用して

片側にハックルファイバーをよせます。

ハックルは2回転 スレッドで止めて完成です。

 

テールをカットしてUVポーラーのフラッシャブーを指で縮れさせて

パートリッジの少し長めを取り付ければ

シュリンプパターンとして、底を引きずって使用することも出来ます。

阿寒湖で、岸沿いを回遊する大型アメマスは、ワカサギフライにスレスレで無視をしてきたとき、このシュリンプパターンで、回遊してくるアメマスの先にキャストして、底にフライを置いておき、

魚が近づいたときに「チョコン」と動かすと

底にあるフライを慌てて吸い込んで来る事が多いです。