kencube HP


FlyFishing 革命

K・Bullet  TH-R #6

ツーハンド レボリューション

超大人気 TH-R #6 のラインについて

KenCubeでお勧めしているフライラインは、よりスムーズにキャスト&フィッシングが行えるよう、シューティングヘッドスタイルとなっております。
フライライン(4m〜13m) + シューティングライン(45m〜50m)での使用となります。

 

TH-R #6 のラインはChrome#6と同じ物を使用します。


オーバーヘッド&シューティングスペイ&各種スペイキャスト

★ “川で使用する” 場合、湖や海で “バックスぺースが無い” 場所での使用

この場合は、短いラインが有利です。

湖のガレ場、各河川はこのラインがメインとなります。


フローティングライン&シンクティップ

パワーヘッドS 4ティップチェンジャブル #8 + EXシューティングライン フローティング

このラインは、フローティングベースで、全長4.6mのフローティングボディに、
4種類のティップ(フローティングティップからタイプ4ティップまで)が付いたラインのセットです。

水面から水深約2m前後までを探るのに適したラインです!

このラインはキャスティングがしやすく、初めての方にはお勧めのラインです。

 

驚異的なパフォーマンス!

パワーヘッドS 

詳しくは、 パワーヘッドS 4ティップチェンジャブル ご覧ください。


シンキングライン


パワーヘッド6m + EXシューティングライン各種

全長6mの ショートラインで、特殊なテーパーによりバックスペースが無くてもキャストできるラインです。

水深1mから4m以上まで探ることが出来るラインです。

流れの速いポイントや、フライを早く動かして誘う時など、フローティングBodyですと

フライが浮き上がってしまうので、そんなときはフルシンクのラインがベストです。

 


川での使用でさらに短いラインが使用したいとき

複雑な流れはこのLineが最高!

 

パワーヘッド6 2.5mライン

ウエットフライやストリーマの釣りでお勧めのラインで

驚くほど釣れるラインです!

#6用のパワーヘッド6 2.5mライン各種

 

パワーヘッド 6 2.5mライン ラインナップ
・フローティング + インターミディエイトゴースト ティップ(モノコア)
・フローティング + T2 ティップ
・インタミ スローシンク + インターミディエイト ティップ
・インタミ スローシンク + T2 ティップ
・T2
・T3
・T4

最短の パワーヘッド6 2.5mラインは

手取川の複雑なポイントや犀川の複雑なポイントでは、フライの流し方が重視され

通常のラインでは流す事が出来ない渦巻きや大岩が点在するポイント

川底のゆっくりした流れのみに魚は入っている場合など

2.5mラインを使用して、驚くほどの釣果を得られており、お勧めのラインです。

3mラインや 2.5mラインは グリーンのラインのようにならなく、

ブルーのラインのようにどんな流れの中でもフライをスムーズに泳がせることができます!

 

ショートラインを使用する場合は、

ロングキャストを行い、ラインを空中に上げ流れをまたぐため、ランニングラインはモノフラットがお勧めです。

キャスト時は、オーバーハングを2mくらいにしますと、綺麗なループでキャストが出来ます。


オーバーヘッド&シューティングスペイ&各種スペイキャスト

★ 大型の河川、湖や海で “ロングキャスト” がしたい場合のライン

ある程度のバックスぺースが必要となります。

湖や海、大型河川ではこのラインがメインとなります。


フローティングライン

シューティングスペイライン フローティング #6用 + EXシューティングライン フローティング

 


シンキングライン

シューティングスペイライン シンキング各種 #6用 + EXシューティングライン各種

ロングキャストはこれ! シューティングスペイラインがベストです!

Chrome#8ならば、繊細なミッジングや湖のドライフライの釣りも可能で、シングルやスイッチロッドでは届かなかった遠くのライズを狙う事が出来ます。

湖では、シューティングスペイライン、インターミディエイトは必須のラインです。

湖でのランニングラインは、EXシューティングライン フローティングがトラブルが少なく基本でお勧めです。

 

 


お勧めはこのLine!

最新の、複雑なポイントでも攻められるラインが完成!

パワーヘッド6 チェンジャブルティップ ライン

このラインは、飛距離も凄く、湖や本流では 必須の一押しラインです!

急なカケアガリでも、なだらかなカケアガリでも、根掛かりせずにカケアガリの形状に合わせて釣る事ができる画期的なラインが完成!

Rio社のラインデザイナーと相談し、開発をした世界初のラインです。

このラインシリーズをお持ちであれば、あとは、シューティングスペイラインのタイプ2 タイプ3があれば完璧!

 

 


 

1本のラインで、あれもこれも全てが叶うラインはありません。

ラインは全て目的があり制作されております。

そのために、長所短所がありますので、

“何に使用したいのか?どんな釣りをしたいのか?

目的を考え、それにあったラインをご使用ください。

ラインの接続方法などは、

ラインの接続方法ページをご覧ください