kencube


2017年6月 Newバージョンが完成

 

 

KenCubeフライライン・パレット

 

試行錯誤し、長いシューティングラインを絡ませないようにして

抵抗が加わりにくく、スムーズに飛んでいく フライライン・パレットが欲しくて

研究を続けてきました。

 

40m以上パレットの上に置いていたシューティングライン


絡むことなくスムーズに、完璧な状態で飛んでいく!!

 

 

 

まず最初に

フライライン・パレットに求めてきたことは、

素材の耐久性 と 浮力

そして、ピンの多さ

ピンの柔らかさです。

ピンの数が少ないと、波でラインがさらわれて

パレットから流れ出たり

パレットの上でラインが移動して前後がずれて重なったりしてしまうと、シュート時にラインが団子状態で固まり飛ばなくなってしまいます。

 

 

いつも最大の飛距離で飛ばしたい! 

そう思って、より遠くへフライが飛ぶようにと水の抵抗を減らすためにこのフライライン・パレットを使用するのですが、トラブルを起こしやすいパレットを使用していると、絡んだラインをほどいている間に、前方へ飛んだフライは沈下して、絡みが直ぐに取れればよいが、時間を要する重傷になると、フライが根掛かりさらに次のトラブルを引き起こしてしまいます。

釣りで重要なのは、リズムです!

長いシューティングラインをパレットに重ね折りしていっても、スムーズにキャストできる事が重要です。

島牧のラインバスケットの製作で、10年近くにわたって多くの勉強をしたノウハウ そのひとつに、ピンの数があります。

それを生かして、今回製作したパレットは、30本のナイロンピンが立ち、多少の波ではラインがずれることなく、流されることもなくスムーズにキャスト出来る数にさせていただきました。

 

そして、さらに重要な事は、

シュート時の、ライン放出角度です!

水深が、膝下で45度に近い角度で

腰の辺りまで立ち込んでいくと

30度位の角度でラインは前方に引かれてしまうのです

そこで、固いピンが経っていると、ラインはその抵抗で

飛距離が落ちてくるのです。

そこで、今回使用したのがソフトなナイロンピンです。

ラインの抵抗が加わってもピンがしなって、ラインに抵抗を与えにくく スムーズにラインをリリースいたします。

40m以上あるシューティングラインがスムーズに出て行きます!

 

シューティングラインは、最も細くて浮く フライラインのシューティングライン

EXシューティング フローティング

このラインが良く飛び絡みも少なく最高です!!

ダブルハンドはもちろん、シングルハンドの方には抵抗が少ないこのラインは特にお勧め!!

次に重要な事は

パレットの大きさ

他所の波があっても長いラインを十分に置くことが出来るスペースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

製品には、K・Bulletのネームが入っていますが

目立たなくカッコ良くブラックでネームを入れてみました。

 厚みは15mm 耐久性に優れた、ゴム系フォームを採用

浮力抜群ですが、風に舞うことが無いよう、浮きすぎないフォームです。

耐久性は抜群!

前方にラインは引かれるので、ソフトなナイロン・ピンを採用

前方とは、ラインをリトリーブするときは指にかけていますので

ラインは引いた手の下に落下しますが

シュートをしたときに、ラインはストリッピングガイドの方向に放出されており、ロッドを持つ手は、シュート時に前方へ高く出されているので

ストリッピングガイドはさらに前方となり

シューティングラインは、前&上の方向へ引かれるのです。

その時に、固いピンを使用しておりますと、抵抗になり

また、他のラインを拾って、ラインが絡んだりします!

これは、この釣りを徹底的に研究し、追求した釣り人のみが解る事!

今回、徹底的に研究し、実際に使い込んでの結果、このスタイルになりました。

また、今回は30本のピンを使用しておりますが、ピンは多い方がトラブルは少なくベストです!

ナイロン・ピンは脱着式で、

簡単に抜き差しが出来るようになっておりますので、

収納に便利となっております。

 

2017年6月発売分から

ベルト部分が伸縮するゴムベルトにグレードアップされました。

 

KenCubeのパレットはフォームの質と浮力にこだわりました!!

このパレットの優れた点は、パレットの浮力状態です。

通常の発泡フォームを使用した場合は、フォームが水面の上に浮いてしまい、〔軽すぎる)

パレットからこぼれ出たラインが、パレットの下に入りやすく、

パレットに絡んでラインが飛んでいかないなどトラブルがあります。

しかし、

KenCubeのパレットは、浮力位置が水面にあるために、厚みの部分が水中にあり、

ラインがパレットの下に入りにくくなるよう、浮力位置を下げてあります。

 

Newバージョンが完成!

使用しているときに、風や流れにパレットが流されないようにするためと

パレットをしたままでも動きやすいように、

ベルトの部分をゴムベルトに改良いたしました。

(2017年6月17日出荷分より)

旧バージョンの改造についてを、下段に書き加えました

 

KenCube 特製 フライライン・パレット

 

販売予定価格 5,880円(税別)の品

発売記念 特別奉仕価格 4,880 (税別)

 

送料無料!

好評発売中です! 数量限定! 

 

KenCube NetShop フライライン・パレット

 

ゴムベルトでないタイプ(旧タイプ)の改良方法

 

100円ショップで販売しているヘアーバンド用ゴムヒモを使用して、

ベルトの部分と差し込みバックルを縛りますと、ベルトが収縮して、安定できます。

 

ゴムベルトに交換する場合は、20mm幅のゴムベルト 1m〔230円前後)をご使用ください。

ミシンが使える方は、ミシンでそうでない方は手縫いで、10分程度で交換出来ると思います。