TP88

2006/01/20

 

TP88のテストに行ってきました。

使用したフックは、最小の#30

約1時間、スレスレのヒレピン鱒に挑戦してきました。

 

フラットな水面にライズリングが広がり、

風はほとんどなく、いっさいの誤魔化しが聞かない状態での釣りです。

フックのテストをした時間は、約1時間。

 結果は・・・・・・・     うふふ・・・

 

 フライは、 CDC dun5  TP88 #30   ティペット 0.15号

 シラメが、あのスレスレシラメが、全く無警戒でフライを口にしてきたのです。

 1バイト、1キャッチ。

ヒレピンの美しいシラメでした。

 

 

次に、ライズしていた近くへキャスト!

このシラメも無警戒で躊躇せずフライを口にしてきました。

2バイト目、キャッチ!

全くばれる気配なし。

 

 

 

次にヒットしたのは、少し大きめな(25cm近い)サイズの

メチャクチャに綺麗なシラメです。

このシラメは、オープンからいるタイプのシラメで(サイズで解るのです)、何度もフッキングされており、超スレスレなのですが、全く無警戒でヒット!

3バイト目。

これでフライに3回出てきて、3匹キャッチです。

 

口にかかっているのがTP88#30で巻いたCDC・Dun5、

このフライは恐ろしく釣れます!

このフライ、詳しく見えないところが良いですね!

 

今回使用したTP88の#28と#30ですが、

企画した予定通りの形状で、最高です!

ここで使用したのは、#30!

 

 

シラメには絶大な自信がつきましたので、少し大きめなライズを狙って、ニジマスにチャレンジしました。

これまでに、フライに出てきた魚は全てキャッチしています! 100% ものすごいフッキング率です!

他の方達も見ていましたから、間違いはありません。

 

次にヒットしたのは、40cm弱のヒレピンニジマスです!

ティペットは、0.15号です。

慣れてきたら、切れる事はありません!

 

 

この鱒は上の写真と同じ鱒です。

ヒットしたとき、
これでフックがのばされてしまうかも?と心配しましたが、全く問題なしです!

このサイズですよ! すばらしい鱒でしょ!

この走りにも耐え、全く強度に問題なしです!

フック形状が、良いのですよ!考えましたからね。

釣っていて私も驚きました!

 

さらにデカイ鱒も!

も一回りデカイ鱒をヒットさせましたが、全く問題なし!

このサイズでも、TP88のフックは#30で耐えられます!

ティペットも切れないのです!

 

次にヒットした鱒には驚かされました!

 

メチャクチャに暴れ走り回り、冷や冷や!

もうダメかもと思いましたが、大丈夫でした!

 

これまた、大きいです!

 

先ほどまでは、#30を使用していたのですが、フライがボロボロになってしまったために交換。

#28のCDC・dun5 を使用。

#28でも全く問題なくキャッチできました。

 

今回、

この鱒で、6回フライに出てきて、6匹キャッチです! 

なんと100%です!

こんなこと滅多にないことですが、嘘ではなく本当の話です!

他の人もいましたからね。このフックヤバイです!

極細ティペットそしてTP88フックを使用したことにより、以上の事は可能となりました。

ここで、6xを使用して強引な釣りをされたならば、このフック、1発で伸びてしまいます。

使い方です!

細いティペットを使用したから、切れないようにやさしく釣りが出来、フックもその能力が引き出されます。

 

そして何より重要なのは、ロッドです。

 

皆さん! 細いティペットが使用したいからと、柔らかいロッドを使用していませんか?

 

それは大間違い!です。

 

その理由

このページに詳しくあります。

 

 

 

メチャクチャ簡単、爆発的に釣れる!

 CDC・dun5タイイングは、タイイングのページをどうぞ!