kencube

FlashFlex

フック TP-S55 #6〜#10

ベストサイズは、#8

1.5mmもしくは 2.0mmのウエイト

無ければ、細いものを、ボディのアイ側に巻く。

スレッドは、ベネッキ オリーブ

マラブーを6本前後取り付けます

長さは、ボディの2〜2.5倍の長さ

イメージは細く長く、太くならない事

ツイストフラッシュ オリーブ

このマテリアルは、ボディに最適

もしくは

ミディアムUVポーラーシェニール

ダイドUVポーラーシェニール

ツイストフラッシュをテール側に付けます
ボディに巻き付けます
ボディの片側(写真の上側)のフラッシュをハサミでカット

マラブー10本前後を付けます

使用するマラブーは マラブーフェザーの半分より少し上の方

短めで先端が揃った物を使用

長さは、ボディの1.5倍

付け方は、逆さ付け 先端をアイ側にします

 

 

マラブーの付け根を少し残してカット

指で広げるように押さえながら後方へマラブーを倒し

スレッドで止めます。

マラブーは、上半分に扇状に広がっている事が重要です

瞬間ヘッドセメントをニードルで塗りフィニッシュ

 完成です!

 マラブーを逆に付け、付け根を残す事により、水中でマラブーがぺったんこにつぶれてしまう事を防ぎ、水流抵抗を受けてマラブーの動きが、より細やかにしなやかになります。さらには、カラーも透過し、より魅力的な物に見えるのです。

杉坂研治が考え出した 逆さ付け法は、鮭釣りようのストリーマなど、杉坂研治の多くのパターンに使用されています。

 

 

BeadFlex

Beadがちらりと光る

FlexのBeadパターンです。

ビーズフレックスのタイイング